業務用のボトル容量が大きいものは維持費用が高くなることがある

ウォーターサーバーの利用料金は、本体のサイズや機能、耐用年数などによって大きな差があります。たとえば、レストランや商業施設などに設置される機会が多いボトル容量が大きい製品については、導入時だけでなくメンテナンスやクリーニングの度に費用が発生するため、慎重に製品選びをすることが大切です。最近では、製品の種類にかかわらず、法人向けに定額制のウォーターサーバーの利用プランを提供している業者もあるため、余計なコストを抑えたい場合には、早めに業者ごとの料金体系を比較するのがおすすめです。また、少しでも同じウォーターサーバーを長く使いたい場合は、なるべく耐久性が強い構造の製品を優先的に選ぶことがポイントです。

小型の家庭向けの製品は手ごろな価格で導入できるものも多い

小型で設置や操作などの手間が掛からない家庭向けのウォーターサーバーは、業務用の製品と比べて月々のコストが安くなる傾向が見られます。特に、ボトルの容量がそれほど大きくないものや、最低限の機能しか付いていないものであれば、毎月数千円程度で利用し続けることが可能です。業者によっては、家庭向けのウォーターサーバーを初めて導入する顧客を対象に、数か月間の無料期間を設けたり、メンテナンスにかかる費用を負担したりしているところが少なくありません。そこで、予算の範囲内で目的に合う家庭向けのウォーターサーバーを選ぶうえで、早い段階から一般家庭の間で高く評価されている専門業者の資料を読み通しておくことが大事です。

ウォーターサーバーを赤ちゃんに利用する場合は、ミネラルが少ない軟水を使っているものや温水機能があるものを利用するのがポイントです。