温度調整ができると用途が広がる

ウォーターサーバーを契約するときの注意点として、温度調整ができることを確認しましょう。ウォーターサーバーは水を飲むだけのものではありません。お湯としても利用できるのであれば、コーヒーを飲むときなどに役立ちます。紅茶や緑茶を入れることなどにも利用できるでしょう。ただ、温いお湯しか出ないものもあります。それでは美味しいコーヒーを入れることができないでしょう。インスタントコーヒーは80度程度だと美味しく入れることができます。他の飲み物にもそれぞれ美味しい温度があるので、その温度に調整できれば飲みたいときに美味しい飲み物が作れることになります。ウォーターサーバーを利用するのであれば、このような使い方があることを知っておきましょう。

細かい温度調整ができると赤ちゃん用のミルクに利用できる

粉ミルクにお湯を入れて作るときには、細かい温度調整ができる方がいいです。ミルクを作るのに熱すぎると、適温に調整するのが難しいです。例えば、沸騰したお湯を使ってミルクを作るとします。100度のお湯を冷まして適温にするのは、なかなかできないことが多いです。水を足したり瓶を水に浸したりして冷やすのですが、冷めすぎると赤ちゃんは飲んでくれません。飲んでくれない温度まで下がったミルクを暖めるのは手間です。また、調整した温度が70度以下になってしまうと殺菌効果に疑問が残ります。そのため、70度程度に調整できると熱すぎず、ちょうど良い温度になります。少し水を加えるだけでも、赤ちゃんが飲んでくれる温度になるでしょう。

ウォーターサーバーの価格は高い製品もあればサーバー本体のレンタル料金は無料の製品もあります。使い道に合わせて機能面を選ぶと、納得できる価格の製品が見つかります。