お湯の温度調整ができるのは役立つ

赤ちゃんがいる家庭ではミルクを作るときに温度の調整で手間取ることがあります。例えば、ケトルでお湯を沸かしたとします。お湯は約100度になるため、温度調整が必要です。この調整が上手くできないという人は少なくありません。赤ちゃんが飲みやすい温度は個人によっても差があるため、感覚で調整するしかないのです。 ただ、ウォーターサーバーに温度調整機能が付いているのであれば、赤ちゃんが飲んでくれる温度に設定するだけです。水を足したり、冷やしたりする手間が要りません。最初に赤ちゃんが飲む温度を把握することが重要になります。温度さえ分かれば、次からも同じ温度にするだけでいいです。ミルクをあげるときに余裕がないことも多いので、簡単に温度調整できるのはかなり役立つでしょう。

水の種類を選べるのは重要

ウォーターサーバーでは水の種類を選ぶことができます。赤ちゃんがいる家庭では純粋か軟水を選ぶことが大事です。硬度が高い水にしてしまうと、消化器官が未発達な赤ちゃんに負担を強いることになります。硬水は赤ちゃんが飲む場合には選ばない方がいいでしょう。また、ウォーターサーバーを使う人はミネラルが豊富なものを選ぶ傾向があります。しかし、赤ちゃんも利用するのであれば、ミネラルが少ないものを選びましょう。赤ちゃんのミルクにはミネラルが十分に含まれているため、水にも含まれていると過剰に摂取することになりかねません。大人が飲むならミネラル豊富な水でもいいですが、赤ちゃんのことを考えるならミネラルは少ない方がいいのです。